共通点3:時間、約束事にルーズな人

毎日1時間ちこくしあり、毎回、打ち合わせに遅れてくるというほど、時間にルーズだったら、会社をクビになってしまうでしょう。ここで言うルーズとは、そこまでいかないけれども「ほんのちょっとルーズ」という人です。
例えば、待ち合わせをすると、いつも2~3分など、ほんの少し遅れる人。あるいは業務報告書の提出がその日の夕方だとしたら、それに間に合わなくて、翌日の朝に持ってくる人のことです。 “共通点3:時間、約束事にルーズな人” の続きを読む

共通点2:明るくなく、清潔感がない人

売れている営業マンが、全員明るい人かというと、そうとは言えません。トップセールスマンでありながら、むしろ普通の営業マンより物静かで大人しく見える人も大勢います。ですから、いるだけでその場が盛り上がるムードメーカーのような明るさが必要なわけではありません。 “共通点2:明るくなく、清潔感がない人” の続きを読む

共通点1:謙虚でも素直じゃない人

「ゴルフでも料理でも、上達したいなら上手な人に習いなさい」とよく言われます。早くうまくなるためには、上手な人に教えてもらって、そのマネをするのが早道です。でも負け癖がついている営業マンには、それが分からないようです。
自分がトップ営業マンでない限り、必ず自分より売上げの良い人が周りにいるはずです。それなら、その人が年下であろうが、異性であろうが、中途入社であろうが、「この人はできる」と認めて、どうやって売っているか、何かコツがあるかを聞きに行って教えてもらえば、必ず良いヒントがつかめるでしょう。
ところが、負け癖がついている営業マンは謙虚じゃないので、それができません。 “共通点1:謙虚でも素直じゃない人” の続きを読む

負け癖がついている営業マンの共通点

「2:6:2」の法則で、下の2割に当てはまる、まったく売れない営業マン = 負け癖がついている営業マンは、なぜ売ることができないのでしょう。
実は、負け癖がついている営業マンには、いくつかの共通点があります。
これから、その共通点を山口恭一がご紹介します。あなたや、あなたが抱える部下、周りの人々に当てはまるかどうか、ちょっと考えてください。
“負け癖がついている営業マンの共通点” の続きを読む