共通点4:会社や商品を大好きになっていない人

会社や商品を嫌いというわけではありません。まったく嫌いであったら、会社に居られないでしょう。嫌いではないけれど「大好きではない」。これがクセモノです。
なぜ、好きではないかというと、多くの場合、会社や商品に対する知識が薄いからです。会社や商品について、詳しく知れば知るほど、良いところが見えてきて、大好きになれるはずです。しかし、全く勉強しない、あるいは、うわべだけの勉強しかしないと知識が少ないので「好きだけど、大好きにはなれない」ということになります。
会社や消商品に対する愛情のなさは、仕事の中で必ず出てしまいます。商品知識にムラがある、勉強しようとしない、売れ行きや仕事の結果に対して、どこか冷淡というか、他人事のように距離を置いている部分がある、事態を今より良くしようという熱意がないなど、さまざまな形であらわれます。自分はうまく順応しているはずだと思っていても、仕事の結果を見ればわかってしまうのです。