負け癖がついている営業マンの共通点

「2:6:2」の法則で、下の2割に当てはまる、まったく売れない営業マン = 負け癖がついている営業マンは、なぜ売ることができないのでしょう。
実は、負け癖がついている営業マンには、いくつかの共通点があります。
これから、その共通点を山口恭一がご紹介します。あなたや、あなたが抱える部下、周りの人々に当てはまるかどうか、ちょっと考えてください。

自分はまったく当てはまらない、あるいは自分の部下はこういう人間ではないと思えば、それだけでその人は、トップランクの営業マンになれる可能性があります。
その反対に、20項目全部に当てはまらなくても、そのうちの半分でも当てはまるか、ひょっとしたらと思うところがあれば、その人は負け癖がついている営業マンだと覚悟してもらいたいと思います。
負け癖がついている営業マンは、トップランクの営業マンから見れば、非常に不思議な存在です。同じ人種どころか、同じ地球人とさえ思えない人たち。さしずめエイリアンか宇宙人といったふうな存在に映るでしょう。
中には、本当は負け癖がついているのに、このチェック項目を読んでも「自分のことじゃない」と思う人もいるかもしれませんね。そうなったら成長のチャンスを逃すことになるでしょう。
では、負け癖がついている営業マンの共通点を見てみましょう。