ウッドリペアとは

フローリングや柱や梁といった木製品に出来たキズを、取り変え・張り替えすることなく、直接補修して綺麗にする技術。それがウッドリペアです。

もともとは100年前に作られたアンティーク家具を補修する為に開発された技術で、優れた調色技術と造形技術に特徴があります。
調色技術とは、オリジナルに限りなく近い色を再現する技術。ロックメイプルやダークレッドマホガニーといった木目の美しいものなども、色をしっかりと再現し木目までを丁寧に描き込んで仕上げますので、どこにキズがあったのか分らないくらいに美しく蘇ります。

また、優れた造形技術にも特徴があり、足がカケてしまった家具なども、元の形を再現して、その上から再塗装を施します。さらに使い込まれた質感や風合いといったものまで再現しますので、自然な仕上がりに。施工したあとが目立ちませんので、大切に、長く使いたい木製品にキズが出来てしまいましたら、お気軽に補修をお任せ下さい。

フローリング補修・柱補修

フローリングや柱といった動かす事の難しい木製品も、ウッドリペアはキズを直接補修しますので、取り替え・張り替えせず、美しく蘇らせる事が可能です。パッと見た目には、どこにキズがあったのか分らなくなります。

サッシ補修

ウッドリペアは、サッシや門扉などのアルミ製品に出来たキズも補修する事が可能です。キズを補修した後に、再塗装を施して仕上げますので補修跡が目立ちません。キズを直接補修しますので費用も時間もそれほどかかりません。

家具補修

例えば、足がカケてしまったケースなどもしっかりとその形を復元し、再塗装を施して仕上げます。木目までを丁寧に描き込んで仕上げますので、足がカケてしまっていた事が信じられないくらいに蘇ります。

その他補修

ウッドリペアには、幅広い技術があり、陶磁器などの小さなキズを補修する事が可能です。飾り用の大皿や、人形など、キズを補修したい陶磁器がありましたら、お近くの施工店までお気軽にご相談下さい。