コラム

アルミホイールの修理を自分で行う利点

車を寄せすぎて、縁石などでアルミホイールを擦ってしまった時、車を修理に出さなくても
程度によっては自分で修理をすることができます。

アルミホイールには傷がついても気にならないという人が多いですが、アルミホイールの傷は、結構、目立ちます。
キズの程度にもよりますが、自分で修理しても、きちんと修理すればそれなりに綺麗に仕上がりますので挑戦してみても良いでしょう。
自分で修理を行うには、道具が必要ですが、カー用品専門店などでほとんど揃えることができます。
傷の程度にもよりますが、コンパウンドやサンドペーパーなどのやすりと、アルミパテ、アルミホイール用のカラースプレーや
マスキングテープなどを用意します。
道具をそろえる手間はかかりますが、費用が安く済むといった利点があり
アルミホイール専用の補修キットなども販売されているので、自分でも手軽に補修できるようになっています。

インターネットで検索すれば、詳しい補修の仕方を紹介しているサイトもあり、全く初めての修理でも簡単に行うことができます。
ネット通販では補修キットの使用後の口コミなども見れるので、失敗が少ないという利点もあります。