コラム

アルミホイール修理のDIYで出来る事、出来ない事。

アルミホイールの修理をDIYで修理する人もいます。

しかし、アルミホイールの修理において、DIYで可能なものと不可能なものがあります。
修復可能なアルミホイールの修復は、酸化・汚れ・軽度の腐食により生じる白ボケ・擦れキズ等があります。
方法としては、市販のコンパウンド・ペーパーで根気よく磨くことにより修復すること。
しかし、どの程度まで磨けばよいかなどの知識やノウハウがない場合や一気に力を入れすぎた場合などに
取り返しのつかないキズを作ってしまう場合もあります。

難しいのは、塗装されたホイールの白錆・爪でひっかかりを感じるほどのキズ。
あるいは、メッキもしくはスパッタ処理されたホイール・リムにダイヤモンドカットを施したホイール等。
これらの修復では、再処理を行う必要があり、特殊な技術が必要なため、DIYでの修復は素人では歯が立ちません。
業者を調べて、修理に出す必要があります。