コラム

歪みの原因となるキャッツアイに注意!

普段から車によく乗っているという人でも、聞いたことがない、知らない車関係の用語はあります。
先日もあるお客様と「キャッツアイ」についてお話することがありました。

「キャッツアイ」とは、道路のセンターラインに設置されている、反射板がついた小さい鋲のようなものです。
これは別名チャッターバーとも呼ばれ、山道のカーブなどでよく見かけます。
センターラインを超えないように踏んだらガタガタするアレ、といえば分かる方も多いかもしれませんね。

ホイール修理にいらっしゃる方で、時々ぶつけた覚えがないのにリム部分が歪んでいるということがあるのですが
空気圧の低いタイヤを履いていてキャッツアイを踏むと、こういった歪みが生じることがあるので要注意です。

よく、路肩にきちんと寄せず停めている車のせいで、
これを踏まずには追い越せないなんてことがありますが、迷惑極まりない話ですね。
こういうマナー違反の車はしっかり取り締まってもらいたいと思います。