コラム

アルミホイール修理は、安全面でも大きな意味があります。

アルミホイールとは、車体を支える欠かせない部品です。
アルミホイールについてしまったブレーキダストによる汚れや、縁石などにぶつけたガリキズは
そのまま放っておかれることも多いのですが、きちんと点検や修理をしないとエアー漏れやタイヤのパンクなどを
起こす事故の原因にもなりかねません。
少しぶつけただけの小さなキズが知らない間に大きな亀裂になっているということもあります。
ぶつけた際はキズの大きさを測ってこまめにチェックをしたり、プロの業者などに診断をしてもらうことが大切です。

修理方法は傷の具合やアルミホイールの種類によって異なります。
アルミホイールの修理でもっとも多く見られるのがリムのキズ修理です。
キズをパテで修正する方法や、アルミを溶接して盛る方法など様々です。
メッキのホイールは、一度すべての塗装を剥ぐ必要があります。

アルミホイールをきれいにすることは見た目の問題だけでなく、安全面でも大きな意味があります。